建物調査

外壁打診調査

目的・概要

外壁タイルやモルタルの浮きを確認します。

方法

打診棒等による擦過、打診時の反響音を識別して浮きが生じている部分を確認し、記録します。手の届かない範囲の調査を行う場合は、ブランコ、チェアゴンドラ、高所作業車等を使用して行います。
記録したデータは図面化し、劣化数を集計します。

外壁打診調査状況 外壁打診調査(劣化図)
外壁打診調査状況

不同沈下調査

目的・概要

レベル計等により、屋上等の水平方向の変動を測定し、梁間方向及び桁行き方向の沈下状況を確認します。

不同沈下調査
不同沈下調査

寸法測定

目的・概要

スケール、ノギス等を用い、対象部材の寸法を測定し、部材寸法を確認します。

寸法調査 寸法調査
寸法調査

漏水調査

目的・概要

レベル計等により、屋上等の水平方向の変動を測定し、梁間方向及び桁行き方向の沈下状況を確認します。

漏水状況
漏水状況

タイル、塗膜の付着力測定

目的・概要

既存仕上げ材のタイル、塗料等の下地に対する付着力を調査します。

方法

調査箇所に、アタッチメントを接着し試験機を取付け、油圧にて引っ張ります。アタッチメントが外れた時の最大荷重から、付着力を求めます。

塗膜の付着力測定
塗膜の付着力測定

鋼材の引張り試験

目的・概要

鋼材の品質を確認するため、引張り試験を行います。

鋼材の引張り試験
鋼材の引張り試験

超音波探傷試験

目的・概要

超音波を対象物に入射し、その反射エコーから溶接継手等の施工状況を調査します。

圧接部の超音波探傷試験
圧接部の超音波探傷試験