施工事例

2011年11月

土木

制水弁用弁室劣化調査

東京都内にて、既設配水本管(900mm)制水弁用弁室の躯体コンクリートの劣化調査を行いました。
配水本管敷設替え工事に伴い、既存のコンクリート弁室が今後も使用可能か、耐用年数を検討するものです。
鉄筋探査、外観目視調査と合わせ、コンクリートコア抜きを行い、コア圧縮強度、中性化試験を行い、各調査結果を総合的に評価し検討しました。
・コア圧縮、中性化試験
・鉄筋探査
・外観目視調査
・コンクリート診断

弁室調査状況_R.JPG